サプリメントの副作用による健康への影響

薬と違って、食品に分類されているサプリメントは、副作用が起きにくいという利点があります。健康や、美容を意識している人にとっては、栄養不足を補うためにサプリメントを使うことは意味があります。栄養バランスを整えるためにも、サプリメントは積極的に生活の中に取り入れたいところです。サプリメントは、食品扱いなので副作用の可能性はとても低いですが、だからといって飲み過ぎは身体によくありません。食べ物でも、サプリメントでも、許容量をオーバーすれば身体にいい影響はありません。ビタミンの中でも、特にお肌をきれいにしたり、血液の巡りをよくする成分として、ビタミンEがあります。ただし、ビタミンEは油に溶ける性質があるので、飲み過ぎると体内に排出されずに蓄積されます。ビタミンEをたくさん飲み過ぎたせいぶ、出血性脳卒中のリスクが高くなるともいいますので、要注意です。さらにビタミンAに変換されるβカロチンに関しても、体内に蓄積されやすい栄養素で、喫煙者が過剰摂取すると、肺がんのリスクが高まるのが気がかりです。サプリメントも副作用の可能性がないわけではありませんが、多くの場合は、大量摂取を長期的に行っていたという時だけです。せっかくサプリメントを使ったのに、たくさん飲み過ぎて体調不良になるのはもったいない話ですが、時々聞く話です。その日一日の許容量をオーバーしない程度に、摂取量に注意をしてサプリメントを使いましょう。
http://xn--navi-fm4ckb4jseohd9grey387j8q7b.com/